トップページ > 専門外来 > 禁煙について
 

禁煙して、よかった。

禁煙外来を行っております。...タバコをやめたいあなたを応援します!

禁煙は誰もが一度は考えますが、実行と成功は様々な要因によりむずかしくなっています。


●禁煙の準備


1)禁煙理由は?

禁煙するには、禁煙への意欲を高めることが一番大事です。
あなたが禁煙をしたいと思う理由は?さあ、書き出してみましょう。

 □ 自分の健康を考えて
 □ 家族の健康を考えて
 □ 職場が禁煙になったから
 □ 友人が禁煙を成功させたから
 □ 医師から忠告を受けたから


2)禁煙開始日を決める!

禁煙を思い立ったら、禁煙開始日を設定し、禁煙の気持ちを高めましょう。

■時間にゆとりのあるとき
■正月・夏休み、など禁煙開始前後に休日があるとき
■誕生日・結婚記念日・年始など特別な意味を持つ日など


3)禁煙外来を受けてみる!

当クリニックで行う「禁煙外来」では喫煙と禁煙に関する説明を行い、無理なく禁煙を行うお手伝いをしています。



●やめたくてもやめられないあなたに!

禁煙が難しいのは『意思が弱いから』だけではありません。

これは喫煙習慣からくる
<ニコチン依存><心理的依存>、この2つの依存のためなのです。この両方を根本から解決しない限りやめられない状態が続いてしまいます。


                 タバコ依存度テスト


<ニコチン依存>           
ニコチンはアルコール・麻薬と同様に強い依存症状を起こす物質で、脳内で興奮やリラックスしたりという神経伝達物質と同様の働きをします。しかし、定期的に脳に入ることで脳の神経伝達物質が働かなくなり、かわりにニコチンを求めるようになってしまうのです。

<心理的依存>
1つは『習慣』、日々喫煙動作を繰り返していることで、強い『習慣』になり、『手持ちぶさた』、『口寂しい』などと感じる。

もう1つは『条件反射』、タバコを吸った事での効果を体験していると、同じ場面になると急にタバコが欲しくなる。『食後の一服』、『飲み会で一服』、など条件反射的に吸ってしまう。




  医師による禁煙プログラムと禁煙補助薬があなたをサポートします。!

禁煙によるさまざまな症状、『離脱症状』をやわらげるためにニコチンパッチを使用して肌からニコチンを摂取し、その量を徐々に減らしていくことでタバコを必要としない生活習慣に改善していきます。そして、禁煙に対する経験豊富な医師のアドバイス。この2つの方法であなたの禁煙をサポートします。



 ≪ 喫煙者が気づいていない『』!と『禁煙してよかった理由』は? ≫
 

     『損』  <食べ物がおいしくない>

『禁煙すると』  目覚めが良く、せき・たんが止まる。
       お口の中がスッキリし味覚・臭覚が戻り、食事がおいしい。


                      ≪自分が気持ちいい!≫

     『損』  <肺がんや心臓病などでの死亡する確率が高い>

『禁煙すると』  さまざまな病気のリスクが下がる。

             ≪健康への悪影響の低減!≫

     『損』  <部屋が汚れる>

『禁煙すると』  衣服・カーテンやクルマに匂いがつかなくなり、
           タバコの不始末による火災の心配もなくなります。


               ≪周りの人が喜ぶ!≫

     『損』  <無駄遣い>

『禁煙すると』  1日1箱で1年間タバコを吸っていたのなら、
           約10万円の貯金ができます。5年、10年では...
.

              ≪ちょっとした資金づくりができる!≫

  
タバコのこと、見直してみませんか?
 
戻る
 
トップページクリニック紹介診療案内専門外来スタッフ紹介アクセス病診連携先サイトマップ
医療法人社団 杏友会 リバーサイド内科循環器科クリニック 〒064-0807 札幌市中央区南7条西2丁目1番地
第二リバーサイドマンション1階
TEL 011-521-2321
Copyright ©2007 RiverSide Clinic.All Rights Reserved.